今後の大阪の老人ホームについて

模型

老人ホームの今後

少子高齢化が進み大阪の老人ホームに対するニーズは年々高まっている。2009年に行われた厚生労働省による調査によれば、老人ホーム大阪の施設数は9,491、そして定員総数は594,782人だそうだ。この数字からも分かるように、日本社会においては老人ホームは非常に必要とされている。老人ホームが増え続ける一方、人手不足に悩まされているのも事実である。例えば、一つの老人ホーム施設に40人の入居者がいるとする。彼らの食事の手助けやオムツの交換、シーツの交換、ゴミ捨て、入浴などの日常的に行われる作業を介護者は取り組まなければならない。人手が不足していれば、当然休む時間がないことは明らかである。だからといって、手を抜いてしまうと治療必要な入居者を亡くしてしまうリスクもある。また介護者のストレスマネージメントを怠ると、虐待という酷い事態を招く恐れもある。このように考えると、何らかの解決策が必要である。厚生労働省のホームページを見てみると、人材確保対策が行われている。労働環境の管理だ。例えば、労働条件の明示を促進や就業規則の管理、労働時間の管理、休憩・休日の確保、最低賃金の制定などがある。このような取り組みが将来の介護士を増やす要因になることを心から願っている。

公的機関としての特別擁護老人ホーム


公的機関として運営している特別擁護老人ホームは、高齢者であれば誰でも入所できる施設ではありません。要介護の認定を取得していたり、認知症で支援が無ければ生活が出来ない高齢者を対象として存在しています。自宅や民間の老人ホームなどで生活をする際に、一般的な介助でも生活が難しい人を優先に入所させて、専門の介護福祉士などの介助の助けを受けながら生活をします。
近年は高齢者の認知症が増加していたり、介護を受けても生活に関して困難な高齢者が増えていて、特別擁護老人ホームの入所希望者が増加しています。施設の数は増加傾向ですが、認知症などの高齢者が多くなっている事で、入所の競争率が高くなっています。緊急性の高い状態の人を優先に入所させる事で、認知症の人であっても数ヶ月以上の入居待ちになる事は当たり前です。
特別擁護老人ホームのメリットは、民間と比較して低めの料金で利用できる事です。プライバシーに配慮していなかったり、民間よりも設備などが徹底していない事がデメリットの部分と言えます。軽度の認知症などである程度は自立して生活できる高齢者は、少々費用が高くても、1日体制で看護をしている民間の老人ホームなどに入る事がお勧めです。

祖母のいる老人ホーム


祖母は三年前から大阪の八尾市にある老人ホームに入っています。まだまだ元気なのに、祖母自ら老人ホームに入りたいと言ったのです。その意図はわかりません。きっと家族の重荷になりたくなかったのでしょう。
毎月車で一時間かけて家族みんなで、八尾市の祖母の元を訪ねています。行くたびに思う事があるのです。それはいつ行っても祖母は笑顔だという事です。三年前は田舎で一人暮らしをしていました。毎日畑仕事をしていて、とても笑顔だったのです。その時の笑顔と何も変わっていません。老人ホームでも最高の笑顔をしているのです。
他の入所者達ととても楽しそうにしています。テレビを観たりお話をしたら、バドミントンもしているのです。その姿がとても眩しいのです。私も両親も毎月行くたびに安心して帰るのです。祖母は老人ホームでの生活をとても楽しんでいたのです。
でも私は少しだけ寂しいです。田舎に行くといつも一緒に遊んでくれました。私の事をとても可愛がってくれていたのです。それが今ではなくなりました。私なんて目に見えていないみたいで、とても楽しそうにしているのです。
両親はそれは良い事だと言いますが、私は寂しい思いで帰っているのです。でも今祖母のいる場所は老人ホームなので、これでいいのだと思うようにしているのです。

大阪のシェアハウスはこちらの老舗で見つけませんか?




エアコンクリーニングは名古屋で探してみましょう!】
エアコンのクリーニングをしようとお考えの方に、エコ空間は最適の会社です!エコ空間では、エアコンのクリーニングだけではなく、様々な部分に適応してくれるのです!

メニュー

イチオシ

TOP